かさぶたが剥離しやすい口角炎の治療と抗真菌薬

唇の両端である高格が炎症を起こし、亀裂や腫れ、出血などが生じる口角炎は、口を開くだけでも裂け目ができて、大変痛い皮膚の病気です。
大変な痛みを伴うため、口を開くことが難しくなり、食事をすることもできなくなることもあります。
避けた傷口から出血をしてしまうことが多く、かさぶたが剥離しやすいため、繰り返し出血してしまうことが多く、かさぶたがとても薄いのでちょっとしたことでも剥離しやすいことが特徴です。
できるだけ早く治すためには、かさぶたが剥離してこないように気をつけたり、歯がしたりしないようにすることが大切です。

幹部が炎症を起こしている時には、かさぶたをはがすと何度も炎症を繰り返してしまいます。
ほとんどの場合数日程度で症状が回復するのですが、一度発症すると、何度も再発を繰り返すようになる人もいます。
口角炎は、口の周りに炎症を起こして、強い痛みを感じるため、ヘルペスが原因の口唇炎と間違えてしまうこともあるのですが、口角炎は、口のはじっこだけにできることが特徴で、感じだというカビの仲間の信金による感染症なので、ヘルペスの薬をつけても治りません。

口角炎になってしまったかもしれないと思ったら、病院に行って医師に相談することが必要です。
痛みを伴っている場合は、少しでも早く受診することをおすすめします。
クリニックでは、真菌の作用を抑えるための抗真菌薬と抗生物質が処方されます。
同時にビタミンB群を補給するために、ビタミン剤を処方されることが一般的です。
抗真菌薬を飲んだり、抗真菌薬が入っている軟膏を塗ったりして、3日程度で症状が落ち着くことが普通です。
軟膏は、落ちやすいので、頻繁に塗り直すことが大切です。